JALフライトを普通運賃で予約するメリットとデメリットとは

最近では圧倒的に普通運賃でチケットを購入する方よりも格安航空券を使ってチケットを購入する方の方が多いです。なぜなら圧倒的に安いからです。

しかし、それにもメリットとデメリットがあります。では、JALフライトの航空券を普通運賃で予約するメリットとデメリットとはどんなものがあるのか見ていきましょう。

JALフライトを普通運賃で予約するメリットはとにかくフレキシブル!

今まではJALフライトを利用する際には、格安航空券なんてありませんでした。国内良好でJALを使いたいというのであれば、普通運賃、もしくはJALが提示する割引運賃や株主優待券を利用して、普通運賃よりも安くJALチケットを購入するというような、大してお得感のない航空券ばかりしか手に入らなかったのです。

ところが、数年前にJALが経営破綻したのもありますし、格安航空券の波がかなり襲ってきたのもあり、ついにJALでも格安航空券が販売されるようになりました。今まで高かったJAL便をお得に利用しようと、これを購入する方もいますが、JALフライトを普通運賃で利用する方もいます。

では、JAL便を普通運賃で予約するメリットは何なのかというと、色々なことに対してフレキシブルに対応してくれます。まずは予約もキャンセルも基本的には手数料無料で何度でもあなたの好きな日にちや便、それに行き先までも変更できるものとなっています。

しかし、これができるのはチケットの有効期限以内、基本的には、搭乗予定日(オリジナルの出発日)から1年です。格安航空券ではこれができませんし、できたとしても、通常は手数料が発生します。ですので、普通運賃はこう言う時にはお得です。

さらに、普通運賃で航空券を購入していた場合、天候などでフライトが決行になった際、代替え便として他の航空会社やJAL便だけども、乗る予定ではなかった便に振り替えてもらうこともできます。

他のエコノミークラスのシートクラスを買っている方よりも、普通運賃のエコノミークラスシートを買っている方の方が、こういった場合には優先してもらえるという特権もありますので、こういう際には大いに利用しましょう。

JALフライトを普通運賃で予約するデメリットって何かあるの?

JALフライトを普通運賃で予約する際のメリットは、フレキシブルな対応をしてもらえる、優先順位が他のエコノミークラスのシートクラスよりも高いということがわかりましたよね。では、逆にどんなデメリットがあるのかということも見ておきましょう。

まずは、とにかく値段が高いということにあります。例えば、JALの国内線を格安航空券で利用する場合、行き先によって値段は異なりますが、大体、片道4万円程度となります。クラスJもしくは、ファーストクラスともなれば、その値段はさらに上がることはご存知ですよね。

条件自体はわりとフレキシブル、しかし、値段自体は、格安航空券でJAL国内線を往復で購入するよりも片道運賃が高くなるというデメリットがあります。

そして、普通運賃でエコノミークラスのシートを利用したとしても、格安航空券でJALの他のクラスのエコノミークラスのシートを購入した方たちと、全くもって同じ扱いをされることとなりますので、通常は、お得感を全然味わうことができないと言って良いでしょう。

マイル数は格安航空券でJAL国内線のフライトを購入するよりも加算率はもちろん高いです。しかし、それ以上の出費があるので、お得さで見れば、完全デメリットと言えるのが普通運賃の航空券です。

ちなみに、これが国際線ともなれば、普通運賃の航空券の値段はけた違いにアップします。これは例え近距離路線の韓国であっても、もちろん国内線より値段が上がりますから、普通に乗っているだけではやはり損をしていると感じるのが普通運賃の航空券です。

ただし、先述したように、フレキシブルな条件がついてくるという点では、変更やキャンセルの多い旅程をよくされる方には、普通運賃の航空券を購入した方がお得と言えます。

jal 空港TOP