JALの空席はどうやって調べるの?空席待ちはどうやって入れる?

「さあ、今度JAL便を使って旅行に行くぞ」と、思っている方、気になるのは出発したい日に空席があるかどうかですよね。では、JALの空席の有無はどのようにして調べることができるのでしょうか。

もし空席がなかった場合、空席待ちはどのようにして入れることができるのか、そんなことについてここでは見ていきましょう。

JALの空席数の調べ方は、チェックすればすぐにわかる!

「自分はどうしてもJAL便に乗りたい、JALの便じゃないと、どうしても希望の時間に現地に到着することができない」とか、「JAL便だから安心して旅行に行ける」なんて思っている方は日本人には多いです。

他の国の方にとっても、やはり、自国の航空会社を望んで乗りたいと思う方が多い傾向にあります。では、乗りたいJAL便の空席数の調べ方はどうすればよいのでしょうか。そのやり方についてご紹介しましょう。

最近では、様々な旅行会社が提供する格安航空券の料金、空席が1度にチェックできるサイトもたくさんありますよね。それを使えば1発で空席があるかどうかがわかります。残席数がある程度の数字になっていれば、残席〇席と書かれています。

JALのホームページから直接JAL便を予約する場合にも、あなたが求めているシートクラスの残席数が十分であれば〇と書かれていますし、残席数がある程度を切っていたら、残席数が表示されています。

これを基準にすれば、あなたが乗りたい便が今どんな予約状況であるかがすぐにわかりますので、色々な媒体を利用してみてください。特に、旅行会社によって持っている残席数は異なります(詳細に言えば、その旅行会社のホールセールをする旅行会社の持っている各クラスの残席数)。

ですので、旅行会社によっては同じエコノミークラスであっても、売っているクラスが異なるので、残席があることもあれば無いこともありますが、それは同じクラスでも、細かく分かれたシートクラス(レベル)が異なるためです。

値段は多少変わりますが、それでもお得に飛行機を利用した際には、色々な旅行会社の料金と空席をチェックすれば、希望の便に搭乗することもできるので、諦めずに様々な旅行会社の空席をチェックしてみましょう。

JALの空席待ちは簡単に入れられる!その方法と確率はどんなもの?

自分がどうしてもその日に、そして指定するJAL便に搭乗しなければならないという場合がありますよね。その際には、JALの空席待ちは簡単に入れられるのでしょうか。そして、その方法とキャンセル待ちをがとれる確率はどんなものなのでしょうか。

JAL便の空席待ちを入れることはできます。ただし、格安航空券の場合は、これができない場合が圧倒的に多いです。というよりも、キャンセル待ちを受け付けていない場合の方が多いです。そもそも、予約に関しては、オーバーブッキングが法律上許されています。

つまり、規定の客数よりも多く予約をとっていいのです。その理由は、必ず予約をキャンセルする人が当日までにある程度の人数いるので、赤字を防ぐためです。旅行会社での予約の場合は、予約できる枠が少ないので、それを超えてしまうと、お客様に支障が出るので、キャンセル待ちが入れられないのです。

ですが、JALで直接予約しようとする方は、キャンセル待ちが可能です。ただし、このキャンセル待ちがとれるかどうか、その確率は、比率にすることはできません。キャンセル待ちのままで終わることもありますし、キャンセル待ちを入れたすぐそばで席が取れることもあります。

それは、その時の状況次第となります。ですので、こういった状況にあいたくないという方、それでいて、旅行日程は、いつか行ければいいやというような状態であれば、旅行のローシーズンを狙って行きましょう。

そうすれば、比較的空席はあることが多いです。それに、旅行のハイシーズンにどうしても旅行に行きたいというのであれば、出来るだけ早く旅行の予約を入れておきましょう。それでもキャンセル待ちになる状態が多いです。

それであれば、キャンセル待ちを入れておきましょう。それと同時に、ちょっと時間がかかっても良いからその日にその場所へ行けるようなフライトを探すのがベストです。

jal 空港TOP