JALの機内に持ち込めるものって何?どんなものでも持ち込んでいいの?

ばすばすや電車などと違って、飛行機へ乗る倍には、必ず入念な身体チェック、荷物に関するチェックがあるのは皆さんもご存知ですよね。

機内に持ち込めるものというのも制限があります。では、JAL便を利用する際に機内に持ち込めるものは一体どんなものがあるのでしょうか。特に制限なく何でも持ち込めるのでしょうか。

JALの機内にiPadを持ち込んでも問題ない?使えるの?

そもそも、JALの機内にiPadを持ち込んでも問題ないのでしょうか。これは、問題ありません。そして、iPadを機内で使えるのでしょうか。これも問題ありません。パソコンとはやや異なる形であるからパソコンとしてとらえられませんが、スマホにしたってiPadにしたって、パソコンの一部です。

ですから、国内線であっても国際線であっても、機内持ち込み可能な製品となっています。ただし、注意しなければならない点と言えば、荷物検査場でのことです。パソコンではないので、そのまま荷物の中に入れておくと、以上物であるとみなされます。

それは、パソコンと同じで、これを使って、飛行機を爆発できる物質がかばんに入っているとみなされるためです。そう思われないように、必ず荷物検査場では、パソコンと同じようにバッグから出して、別ケースに入れて荷物検査をしてもらいましょう。

そうすれば、あなたのバッグは再検査に合うことはありませんので、時間やストレスを回避できます。さらに、雑な扱いをされて危機に異常をきたさないためにも、忘れずにバッグから出して検査を受けてください。

そして、機内で使うことももちろん機内持ち込み可能ですからできます。しかし、使用できない時もあります。特に、地上から飛び立つ時、地上へ到着する時、この時には、ちゃんと指令等から連絡を取らなくてはきちんとした発着ができないわけです。

そのため、電波に影響を与えるiPadなどは使用不可能となっていますので、これ以外の時間であれば、特に問題なく使用していただけます。これは、インターネットを利用しようがしまいが、飛行機の発着時には使用不可となっていますので、覚えておいてください。

JALの機内に常備薬は持って行っていいの?規制はある?

飛行機に持ち込めるものは、国内線も国際線もかなり最近では厳しくなっていますよね。でも、どうしても機内持ち込みしなければならないものというのも、それぞれのお客様にあるでしょう。

では、よくある質問ですが、JALの機内に常備薬は持って行ってよいのでしょうか。薬に関する規制はあるのでしょうか。基本的に、常備薬は機内持ち込み可能です。というよりも、これをもって搭乗しないと、命に危険がある乗客だって少なくないわけです。

ということで、常備薬に関する規制はそこまで厳しくありません。ただし、持ち込める量に関しては規定があります。医薬品もしくは医薬部外品という表示があるものである薬であるか、厚生労働省から製薬の認可がおりているものに限定されますので、この点を搭乗前に必ずチェックしてくださいね。

さらに、1容器には0.5kg、もしくは0.5リットル以下のもの、さらに1人あたり2kgか2リットルまでの薬を持ち込むことができます。ただし、普段は薬は飲んでいないけども、例えば酔い止めだとかが欲しいという時には、あまり乗らない乗り物に乗る時などには持って行きたいと思いますよね。

ですが、JALではある程度の常備薬を用意しています。酔い止めだとか、注射して薬を体内に入れるものもあります。心肺蘇生などを行う装置も用意していたりと(専門家(医師)が必要な場合は、そういった人が機内にいれば利用できるようなシステムが整っています)、体が弱い方であっても、空の旅を楽しめる状況にしています。

ですので、常備薬を忘れたという場合でも、基本的な薬はそろっているので、大病でなければ、常備薬を忘れたという時でも、そこまであわてる必要はない状況をJALは作ってくれています。

jal 空港TOP